新居 届出


★【完全無料】単身引越し見積もり一括請求!★

引越し比較サイトのズバットですぐにわかります!

引越し後の届け出、手続き準備リスト!新生活スタート!!

新居への引越しが完了したら、水道、ガス、電気会社へ新居での利用をする旨を連絡する必要があります。通常の場合、大家・管理人の説明があるか、新居内に電気、ガス、水道の新規利用に関する書類がおいてありますので、新生活の新居への引越しが完了した時点で利用可能です。電気、ガス、水道の利用料金は初回か翌月くらいまではコンビニなどでの振り込み、それ以降はクレジットカードでの引き落とし、銀行引き落とし、都度のコンビニなどの振込みとなります。

 

できるだけ安く引越ししましょう♪一人暮らし引越し見積りを比較!

 

一人暮らし、単身生活を始める前に「クレジットカード」「自分名義の銀行口座の開設」をしておきましょう!特に就職して新社会人になって初めて一人暮らしをする方、進学や予備校などで初めて単身生活、一人暮らしをする方は「クレジットカード」「自分名義の銀行口座の開設」は新生活スタート前に済ませておきましょう!

 

新居への引越し当日のライフライン関連への届出・手続きの準備リスト

電力会社へ通知 ブレーカーを上げ、ブレーカー近くの電気使用申込書があるので所定の項目を記入、電力会社へ郵送します。すぐに電気は使えます。最初の月は、日割り計算で請求されます。
水道局へ通知 水道局に直接連絡をしましょう。通常はすぐに水道から水がでます。
ガス会社へ通知 すぐにガスは使えません。ガス会社の立会いか、引越し先の管理人、大家の立会いで利用可能となります。
各サービスへの住所変更 銀行・クレジット関係・保険会社・プロバイダなどの住所変更を行います。手続きに必要な書類も出てくる場合があるため、事前に連絡をしておくと、処理がスムーズに流れると思います。
運転免許証などの住所変更 免許証の住所変更は、免許試験場、または所轄の警察署で手続きをします。更新まで1か月を切っていたら、更新と同時でもかまいません。これをしないと免許証が「身分証明」として通用しません。(銀行口座、クレジットカードも作れません)

自動車や二輪車を所有している場合、軽自動車・250cc以下なら軽自動車検査協会、251cc以上の二輪車と普通自動車は陸運局で手続きを行います。これは、警察署に届け出て発行してもらう車庫証明を添付しなければ手続きができないので、注意しましょう。

 


単身引越しプランがある会社を一括比較できます!

わずか1分で引っ越し料金見積もりがわかります!単身引越し費用の見積もり相場をチェックして安心安全に引越しを済ませましょう!