一人暮し 隠す


★【完全無料】単身引越し見積もり一括請求!★

引越し比較サイトのズバットですぐにわかります!

一人暮らしを悟られない!単身だからこそ充分な注意を!

「ひとり暮らし」の場合、家が空っぽになる時間が多く、また、生活のリズムも比較的単調なことも多いかと思います。気まぐれで飲みに行ったり、そのまま友人宅へ泊ったり…などと、単調且つ自由でもありますよね。それが、ひとり暮らし・シングルライフの醍醐味とも言えます。でも、そのことが空き巣犯に覚えられたらほぼアウトと思っていた方がいいようです。そこで、ちょっとした演出を加えてみましょう。

 

 

【ズバットホームセキュリティ比較】大手警備会社の資料を"無料"で一括請求できるサイト!サービスや料金の比較が簡単にできます!

 

1・むやみやたらと「一人暮らし」アピールはしない
これは「空き巣」だけに限らず、「身の危険」も左右するかもしれません。部屋に帰り、扉を開け、閉めた瞬間に侵入され「空き巣」だけですまない場合もあるかもしれません。(私はそっちの方が怖いです)
2・自分以外の洗濯物や靴を干してみる
父親や男物の靴や洗濯物を一緒に干してみるのもいいかもしれません。
3・外出時、「行ってきます」「ただいま」と声を出してみる

 

空き巣に狙われないようにするにはこれくらいの努力は必要かもしれません。

 

また、長期不在(出張や、実家への帰省、旅行など)の場合は、新聞をとっているときは配達を止めてもらったり、郵便物を局留めにしてもらうなど、利用できるものは利用し、「不在」ということを悟られないようにしましょう。

 

 

【ズバットホームセキュリティ比較】大手警備会社の資料を"無料"で一括請求できるサイト!サービスや料金の比較が簡単にできます!


単身引越しプランがある会社を一括比較できます!

わずか1分で引っ越し料金見積もりがわかります!単身引越し費用の見積もり相場をチェックして安心安全に引越しを済ませましょう!

 

 

一人暮らしがバレない方法!単身生活と見抜かれないように!関連ページ

空き巣に「狙われやすい」部屋の特徴
一人暮しの防犯対策と安全対策について。空き巣の侵入経路に関する統計によると、一戸建て住宅では窓ガラスを割っての侵入が最も多く、集合住宅では玄関からの侵入が最多となっている。
犯行前に下見をする
一人暮しの防犯対策と安全対策について。空き巣や侵入、ストーカーは必ず入念な下見をしています。
上階は安心できない!
一人暮しの防犯対策と安全対策について。マンションやアパートの上階だからといって安心してはいけません。
郵便や情報面でのセキュリィティ
一人暮しの防犯対策と安全対策について。郵便、電話、情報セキュリティについて。
防犯グッズを活用しましょう!
一人暮しの防犯対策と安全対策について。警報アラームや防犯ブザー、防犯ライトなどの防犯グッズを活用しましょう!