一人暮し 安全


★【完全無料】単身引越し見積もり一括請求!★

引越し比較サイトのズバットですぐにわかります!

侵入、空き巣、窃盗、ストーカーは下見をしています。

「空き巣」に入る「空き巣犯」って、必ず犯行前に下見をします。スーツ姿や作業服姿、宅配便業者の制服など、住宅地を歩いていても違和感のない、ごくごく普通の格好をしていることが多いそうです。

 

 

【ズバットホームセキュリティ比較】大手警備会社の資料を"無料"で一括請求できるサイト!サービスや料金の比較が簡単にできます!

 

ごく普通の格好で街中を歩き、ターゲットとなりそうな家(部屋)の生活スタイルや侵入経路・逃げ道などをチェックしていきます。そして、事前調査した「侵入しやすい」曜日や時間に犯行を実行するわけです。…まさに、営業先を探している営業マンのようです。犯行時、まずチャイムやインターホンを鳴らして住人が在宅か否かを確認、いないとわかれば侵入していきます。窓に、小石やパチンコ玉を投げて確認する方法もあるそうです・・・。

 

空き巣、ストーカー、侵入目的、暴行目的の犯罪の侵入手口

1・ピッキング カギ穴に特殊な工具を差し込み開錠、侵入する
2・錠破り 玄関ドア・壁(枠)のすきまにバールなどの工具を突っ込み、こじ開ける手荒な手口。
3・ガラス破り 窓ガラスの一部を割ってロックを外し、窓を開けて侵入
4・無施錠狙い 部屋のドアにカギをかけていない部屋を狙う。
5・「ちょっとゴミ捨て」「ちょっとたばこを」など、「ちょっと」のすきを狙われる。

 

同様に、カギをなくした時のために、合カギをポスト・メーターボックス・植木鉢の下などに隠すなんてもってのほかです。プロは、その程度の隠し場所なんてお見通しなんですから。最悪なことに、合カギを使われて侵入されても痕跡が残らないのでしばらく「空き巣」に入られたことする気づかず、通報が遅くなったり、何度の被害に遭ってしまう場合もあるそうです。空き巣の被害は日本全国で年間18万件以上発生しているそうです。1日あたりにすると、約470件で、3分に1件の割合で起きているらしいのです。なのに、最悪なことに、検挙率はなんと30%を下回っています。

 

「絶対自分は大丈夫」なんて、決して言いきれるものではないですよね。

 

 

【ズバットホームセキュリティ比較】大手警備会社の資料を"無料"で一括請求できるサイト!サービスや料金の比較が簡単にできます!


単身引越しプランがある会社を一括比較できます!

わずか1分で引っ越し料金見積もりがわかります!単身引越し費用の見積もり相場をチェックして安心安全に引越しを済ませましょう!

 

 

「空き巣犯」は必ず犯行前に下見をする。用心と防犯を!関連ページ

空き巣に「狙われやすい」部屋の特徴
一人暮しの防犯対策と安全対策について。空き巣の侵入経路に関する統計によると、一戸建て住宅では窓ガラスを割っての侵入が最も多く、集合住宅では玄関からの侵入が最多となっている。
上階は安心できない!
一人暮しの防犯対策と安全対策について。マンションやアパートの上階だからといって安心してはいけません。
一人暮らしがバレない方法
一人暮しの防犯対策と安全対策について。一人暮らしがバレない方法。
郵便や情報面でのセキュリィティ
一人暮しの防犯対策と安全対策について。郵便、電話、情報セキュリティについて。
防犯グッズを活用しましょう!
一人暮しの防犯対策と安全対策について。警報アラームや防犯ブザー、防犯ライトなどの防犯グッズを活用しましょう!