一人暮し 空き巣


★【完全無料】単身引越し見積もり一括請求!★

引越し比較サイトのズバットですぐにわかります!

空き巣に「狙われやすい」一人暮らしの部屋とは?

空き巣の侵入経路に関する統計によると、一戸建て住宅では窓ガラスを割っての侵入が最も多く、集合住宅では玄関からの侵入が最多となっているそうです。
前記事でも書きましたが、空き巣犯行の最も多い時間帯は、午後1時から4時ごろだとか。

 

買物や学校、仕事などで不在だったり、在宅していても昼寝をしていたり(笑)、別の部屋にいたりなど、ついつい気が緩みがちな時間帯が空き巣、侵入するタイミングのようです。

 

 

【ズバットホームセキュリティ比較】大手警備会社の資料を"無料"で一括請求できるサイト!サービスや料金の比較が簡単にできます!

 

空き巣に「狙われやすい」物件を書き出してみます。
@ 建物が人目につきにくく奥まった、人通りの少ない道路に面している。
A 建物近くに電柱や隣家の屋根など、足場になりそうなものがある。
B 高い塀・垣根があり、道路から中の様子が見えない。
C 外灯・門灯がない、あるいはあっても暗かったり電球切れ。
D 非常階段や屋上があり、誰でも入れるようになっている。
E 「内廊下型」で、外から玄関が見えない。
F ベランダの枠が高くてすきまがなく、外から中が見えない。
G 窓やベランダが道路から見えない死角になっている。
H 部屋の前に階段・エレベーターがある。
I 部屋が1階、または最上階。

 

確かに「死角」になっている部屋は危険です!!自分の身は自分で守る!!自立した楽しいシングルライフですが、セキュリティに関しては緊張感が常日頃大切だと、私自身も自覚しています。

 

 

【ズバットホームセキュリティ比較】大手警備会社の資料を"無料"で一括請求できるサイト!サービスや料金の比較が簡単にできます!


単身引越しプランがある会社を一括比較できます!

わずか1分で引っ越し料金見積もりがわかります!単身引越し費用の見積もり相場をチェックして安心安全に引越しを済ませましょう!

 

 

空き巣に「狙われやすい」一人暮らしの部屋とは!?関連ページ

犯行前に下見をする
一人暮しの防犯対策と安全対策について。空き巣や侵入、ストーカーは必ず入念な下見をしています。
上階は安心できない!
一人暮しの防犯対策と安全対策について。マンションやアパートの上階だからといって安心してはいけません。
一人暮らしがバレない方法
一人暮しの防犯対策と安全対策について。一人暮らしがバレない方法。
郵便や情報面でのセキュリィティ
一人暮しの防犯対策と安全対策について。郵便、電話、情報セキュリティについて。
防犯グッズを活用しましょう!
一人暮しの防犯対策と安全対策について。警報アラームや防犯ブザー、防犯ライトなどの防犯グッズを活用しましょう!