一人暮らし 引越し 準備


★【完全無料】単身引越し見積もり一括請求!★

引越し比較サイトのズバットですぐにわかります!

一人暮らし引越しの準備はコチラでチェック♪

一人暮しをスタートされる方にお得な引っ越し術や引っ越しを安く済ませる方法、引越し後の手続きや準備について、引っ越し後の一人暮しを充実して楽しめる生活術などをお届けします!

 

一人暮らしの引越し料金は他社との見積もり比較で、最低でも5〜10%、時期やプランによっては20%程度の料金値引きも可能
ラクに、そして安くするなら、ネットで見積もりを一括請求できる無料のサイトから2〜3社の業者見積もりを請求してみましょう!一人暮らし専門の単身パックも最近では各社充実していますね♪

 

ズバット引越し比較 

大手引越し会社への見積り請求が最短1分で登録完了します!

 

■最大200社の引越し会社から見積りチェック!
■完全無料で引越し見積もりを請求OK!
■最大50%OFFも♪
■単身引越しパックの各社比較も可能です!

 

ズバット引越し比較の公式サイトはコチラ!

 

引越し料金比較サイト 引越し侍 

登録特典で最大10万円キャッシュバックのチャンス!

 

■引越し見積りで最大10万円キャッシュバック!
■カンタンに引越し見積りが請求できます!
■登録は完全無料♪

 

 

引越し料金比較サイト 引越し侍の公式サイトはコチラ!

 

 

HOMES引越し見積もり 

HOMES限定割引特典や無料のダンボール等でお得になります!

 

■引っ越し料金が最大50%OFF♪
■HOMES限定の割引等サービス特典があり!
■大手引引っ越し会社が多数参加しています!

 

 

HOMES引越し見積もりの公式サイトはコチラ!

 

 

一人暮らしをはじめる新大学生や新社会人の方や単身赴任で家族と離れて一人暮らしをする方などのお得で安い引っ越し術や一人暮らしの準備必需品などの情報をお届けします!楽しい一人暮らしを気楽にたのし〜く、スタートしましょう(・∀・)b

 

一人暮らし、単身専門の引越し見積もり一括請求は完全無料でわずか1分で登録OK!引っ越し料金を安く上げてとことんラクをできちゃいます!!大手業者(アート引越しセンターやサカイ引越センター、日通など)からお住まい近くの地元の業者に見積もり請求ができます。複数業者の見積もりを競合し、最安値でサービスのよい引っ越し業者さんを選びます!と宣言するだけで料金はグーンと下がります!

 

 

 

↓概算料金計算ができます!ご参考までにどうぞ♪

 

引越し先を選んでください。

市内
区内
市外
区外
都道府県外
200km以上
300km以上

 

大きい荷物があれば選択して下さい。(複数選択可)

エアコン取り外し取り付け1台
ピアノ運搬1台
ベッド運搬1台

 

引越し予定月を選択して下さい。

 

その他わかっている金額を足し算できます。







想定の引越し金額:

 

※あくまでも当サイト調べの平均相場概算となります。条件等で変動がありますので、詳しくは↓【完全無料】見積もり請求サイトより、業者の見積もりを依頼してみてください。


一人暮らしの準備ガイド!各種手続きや準備リストをまとめてチェック!

一人暮らしの新生活をスムーズにスタートさせるためには、水道・ガス・電気などのライフラインを確実に確保しておくことが必要です。手を洗いたくても水が出ない、夜シャワーを使おうとするとお湯が出ない…なんて、冗談でも遠慮したいですよね。

 

一人暮らしの場合、銀行・クレジットカードの住所変更手続きは、定められた期限がないためつい忘れがちです。でも、それらの会社からのお知らせが旧住所に届くなど、不便ももちろん出てきます。盗難や紛失などのトラブルに見舞われた時、住所をきちんと変更していないと複雑な手続きを要求されることもあります。

 

一人暮らし引越し前後の官公庁への手続き準備リスト!

 

転居前にしておく手続き、転居後にやる手続きの準備リスト!

転居前の手続き

※初めて一人暮らしをする方、自宅から単身赴任をされる方は転居前の手続きは問題ないですね!
電話の新設(1か月前から
固定電話を新設する人は少なくなりましたが、1か月前より新設工事の予約を行っています。費用は約39,000円。(以前からすると安くなりました)
ガス会社への連絡(3日前まで)
新住所での使用開始日をガス会社へ連絡します。ガスは、開栓時に立ち合いが必要なので忘れないようにしましょう。これで安心して引越し蕎麦も作れますよ!!
水道局に連絡(3日前まで)
新住所地の水道局に使用開始日の連絡をし、引越し当日はメーター脇の栓を自分で開ければ使える状態にしてもらいます。安心して手も洗えます。
郵便局へ転居通知(転居前日まで)
郵便局へ転居通けを出していれば、転居から1年間は旧住所に届いた郵便物を新しい住所へ配達してくれます。

 

一人暮らし転居当日の手続き

電力会社へ通知
ブレーカーを上げ、ブレーカー近くの電気使用申込書があるので所定の項目を記入、電力会社へ郵送します。最初の月は、日割り計算で請求されます。

 

転居後の手続き

運転免許証などの住所変更
免許証の住所変更は、免許試験場、または所轄の警察署で手続きをします。更新まで1か月を切っていたら、更新と同時でもかまいません。これをしないと、免許証が「身分証明」として通用しない。(銀行口座も作れません)
また、自動車や二輪車を所有している場合、軽自動車・250cc以下なら軽自動車検査協会、251cc以上の二輪車と普通自動車は陸運局で手続きを行います。これは、警察署に届け出て発行してもらう車庫証明を添付しなければ手続きができないので、注意しましょう。
その他
銀行・クレジット関係・保険会社・プロバイダなどの住所変更を行います。手続きに必要な書類も出てくる場合があるため、事前に連絡をしておくと、処理がスムーズに流れると思います。

 

一人暮らしがはじめての方は目が回るほど忙しいと思いますが、何事も経験です。
引越し準備の間にできることはすべてリスト化してしまいましょう!

 


単身引越しプランがある会社を一括比較できます!

わずか1分で引っ越し料金見積もりがわかります!単身引越し費用の見積もり相場をチェックして安心安全に引越しを済ませましょう!

 

 

更新履歴